自由が丘の歯医者 ランドマーク歯科(顎咬合歯科診断クリニック)からのお知らせ

自由が丘の歯医者 ランドマーク歯科

最新情報

歯科技工物は、いわば歯科技工士の「作品」です。
すべてオーダーメイドで作られ、精密さと感性を求められます。
咬合理論に基づいて作るには歯科医学+技術、さらに感性も磨かなければいけません。
そんな歯科技工士個人の技術レベルや感性によってあいまいになりがちな歯科技工物です。
しかし、人の判断力や感性をもったコンピュータやロボットはでき上がっていません。
仕上げは職人技の生きるところです。
歯科技工士個人の作業負担を減らし、感性を磨くため、
歯科技工物の品質を保ち、ノウハウを繋げるため、
そして、患者さまのコスト負担を減らし、より多くの人に喜んでいただくために、
次世代型オープンCAD/CAMシステムが今までかかっていたコストや時間を大幅に削減し、
より洗練された感性、創造性で高品質・高精度の歯科技工をトータルサポートを可能とするのが、伊藤の下顎運動理論式からの最適な治療方針(診断)と上記の煩雑さを解消されるのが、最大の特徴です。

(2013/11/08)