自由が丘の歯医者 ランドマーク歯科(顎咬合歯科診断クリニック)からのお知らせ

自由が丘の歯医者 ランドマーク歯科

最新情報

診断と口腔内無調整 咬合器

口腔内に装着される場合、咬合紙(色紙)を使用して調整するのが、一般常識になっているようですが、当医院では無調整に完成できます。もちろん、義歯も同じです。
 そして、ようやく顎内障・診断が咬合から見きわめられました。30年はかかりました。ソフトも着々と完成してます。特許が申請されていますので、全世界のあらゆる咬合器のコンピュータ解析も可能です。歯科治療のためには必ず、将来どうなるかを見極められて初めて治療の対策が練られなければなりません。これが真の診断です。一般治療・矯正治療の良否も判断できますし、悩み解消のためには診断が最初の入り口です。 

(2016/04/08)